読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おいしいごはん

f:id:ponpoko55:20160616010737j:plain
先日、母と話していて
「おいしいごはんが作れるようになったのは良かったんじゃない」
と言われた。

今まで私がつくったものを食べても「おいしい」と声に出して言われた記憶はあまりない。

私は母の作った料理をおいしいおいしいと思って食べて育ってきた。
その母に、おいしく作れるようになった、と言ってもらえた。

35才にもなるけど
思い出してちょっと泣いてる。