読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ペイフォワってみた

年末まで短期の仕事で日銭を稼いでいるのだが
その関連で日頃まぁ行くことないなっていう駅へ行き
駅前のショッピングモールでお昼を食べたところ
月初恒例だというスクラッチを頂き
削ってみましたら
100円分の金券になりました。

そんな見て回る時間も無いし
まぁ来ることほとんど無いし
これはどなたかに差し上げようと思いました。

早速声掛けスタート。
ターゲットは、少し暗めの表情のご年配の女性。
(何故なら暗い表情の方の方が何か辛そう、という私の勝手な思い込みによるのだ!)

1人目!
モールを出ようとされている女性の方!
「すみませんお母さん、こちらよく来られますか!?」
一応金券を手に持っているものの怪しい。
完全に怪しい。
「いえ、来ないです」
「そうですか~…、スクラッチ当たっちゃって、でも私も来ることないかなぁと思って、、、じゃあ別の方に差し上げますね!」
っていうてる側を2人目のターゲットの方が、怪しいという気持ちを全身に滲み出しながら足早に通り過ぎ、モールに入ろうとしている!
今から入るならば、出る方よりも確実に金券を使う可能性は高いであろう。
逃さん!逃さんぞ!

「すみませんお母さん、こちらよく来られますか!?金券当たってしまったんですけどあんまり来ないのでどうぞ!」
初めは完全に訝しがっていらっしゃったが、金券を手渡してからは驚きその他もろもろで途端に表情が明るく!
やったぜ!


ということでなんつーのこれ、ペイフォワードってゆーの?
さぁ~どんな大きなって返ってくるかなぁ~!
(押し付けた上に見返りも求めちゃうよ私ってば!w)

まぁけどおばちゃん最後ちょっと嬉しそうやったから良かった。
それがまず一番の見返りだね。