読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

淋しさの裏に

人(家族等も含む)に優しくしてもらった記憶があるからこそ、淋しいっていう感情が生まれるんだとふと気づいた。
誰からも大事にされてない気がして淋しい、って感じるケース多いと思うんだけども、反対に大事にされたことがあるから、その幸せを知っているからこそ、それが無くて淋しいんだな、って気づいてちょっとほっこり。

優しくしてくださってありがとうございます。

1歩

完璧にしないと意味が無いと思っていました

例えば
有酸素運動をある程度継続して実施しないと脂肪が燃えない
じゃあ5分10分は無意味なのか、と

けど
何もしなければ
ゼロのままなんだな

何度か書いたかもしれないけれど
大きいことも小さいことの積み重ねなんだと
大きなアクションを起こすことで大きな結果になることが全てではなく
細かいことの堆積の場合もあると

怖かったり
分からなかったり
意味が無いんじゃないかと思ったり
踏みとどまっちゃうよね
めんどくさい場合もあるし
しんどいこともあるし

ただ
1歩でも足を前に出せば
少なくとも1歩分は前に進むのだ、と


1歩でいいと思ったら何か楽になりました
(0.1歩でもいい、0.01でもいいな)
真面目で責任感が強くて考え過ぎちゃう一生懸命なひとに
もしかしたら役に立つかもしれない、と思って書いてみました

すごくダラダラしている姿と思考を流れるように書きました

ナイトライフは時差ボケを生む、最近読んだ本の中でそう言った言葉を見かけ、いたく納得している。そう、そんな私は時差ボケ真っ最中。

そう言えば何日か前に書いた、紅葉を見ながら温泉につかってボタン鍋を食べる、の紅葉とボタン鍋は実現しちゃったわ!きゃーすごい☆あとは風呂だ。風呂だ風呂。風呂!!!ぼへーんとつかってだるだるんとしたいふろー。あれすごい気持ちいいよね。風呂いいな風呂。ちょっと離れたとこ行きたいな。けど離れたとこ行くために風呂に入って身支度しなければならない気がする。何だこれは。本末転倒か。ホン・マツ・テントウか。ああけど動きたくねぇ。沸かしたお湯を取りに行くのさえ邪魔くさいと思っている私に、シャワーを浴びて出掛けるなんてハードルが高すぎる。はージュースがぶ飲みしたいけど今きらしてる。はちみつレモン作るべと思ったらはちみつ固まりかけてる。OMG。湯煎にかけるのがベストなんやろうけど、また新たに湯を沸かさねばならぬではないか。いかん。ハードルたけえ。ハードルだらけだ。ハードルに次ぐハードル。ハードルingでハードリングだ。よししょうがない、ホットカーペットに転がしておこう。若干容器がベタついてるような気もする、拭いてるのに何故だろう。気の問題か。念のためティッシュでくるんで転がすか。ふうむこんな時間かかるならジュース買いに行く?けど今着ている、というか寝巻きでもあるスウェット、中国のお坊さんっぽい二人が少林寺拳法っぽい動きをしているのに「漢方」って書いてあるmade in USAなスウェットなんだよな。いや絶対拳法って書きたかったやろコレ、っていう。すげえイケてると思って高校の頃にフリマで買ったけれど、一緒に行ったイケてる男子(彼氏とかではなかったけれど私の中では相当好きなツレやった、試合中に転んだツレを踏み台にしてレイアップシュートを決めてる姿には尊敬したものである、それだけ書くと何かすげえ嫌なヤツみたいやけどイケてる男子やで)が「ネタに2000円もかけるなよw」つってツッコミ入れてきたスウェット。
さすがにこれを世の中に見せつけるほどの度胸は無くなった、、、いや去年はそのまま出たな外、、、あーけどどにかく今は無理だ。この上から羽織って前が閉められる服も思い浮かばない。えーじゃあ着替える?着替えるなら風呂だろ。風呂か。また風呂か。くそう。人生において清潔という要素はここまで選択に影響を与えてくるものなのか。って書いてる内にはちみつ溶けたかにゃー♡どうかにゃー♡どれどれどれみ…って全然やないかーい♡お前は武田信玄か。動かざること岩の如しか。岩じゃねえな山だな。風林火岩になるじゃねえか。いかんいかん。んでこんなこと書いてる内に、沸かしたお湯が冷めるんだな。でも大丈夫。ティファールなんだ。ボタンひとつでまたすぐ沸騰♡ただ問題は、そこまで移動すんのが邪魔くさいってことなのは前述の通り。約2mの距離が、、、俺達の邪魔をする。。。

けどボタン押してきまーす。
ついでに何故か水洟も流れてまーす。文字通り流れ出てまーす。
皆さん楽しい週末を~。

Dreams come true

紅葉が見たいなぁと思っていたら、突然仕事で紅葉の名所に行く機会ができた。

そう考えていくと
色んなところに行ってみたいなぁと思っていたら、色んなところに出張がある仕事をさせて頂いたり(入社した時は出張があるとも思ってなかった)
ガード下で一升瓶が似合う綺麗なお姉さんになりたい、とずっと思っていたら、間違いなく一升瓶は似合うようになった。笑

自分が思っていたのと異なる方法(もしくは予想もできなかったより良い方法で)の場合もあるが、望めば叶う、は本当なのかもしれない、と思うのである。f:id:ponpoko55:20161130152323j:plainf:id:ponpoko55:20161130152354j:plain

ことば

今ふと思ってんけど、いっちゃん最初に言葉っていうものができた時も、覚えるん大変やったやろなー

たとえば誰かが「やま」って呼んでいるものを山の呼び名にする、って決めた時に、「え~あれ、あれ、なんやったっけ?や、やも?ちゃうわ、やむやった?ん?やめ…??」って絶対なってたような気がすんねん

加えてその当時はまだ文字っていうものが無かったやろからさ、書いて覚えるとか、書いて後から家で復習、とかもできひんかったやろうしなぁ~

ってかどういういきさつで「やま」にしよ!ってなったんかも見てみたいわぁ。場合によっては「もへみぬるん」とかになっててもおかしくないよなぁ。

でも、よく考えたらごく自然に身近にあるものって2文字が多いかも。みず、とか、そら、とか、くも、とか、つき、とか。太陽なんて「ひ」1文字やしな。日常的に使うから短い単語になったんかな。

そんなこと思うランチタイム。

Tomorrow is another day

昨日の夜、寝る前に泣いたの。
先の事とか自分自身について、考えて考えて色んな思いとか気持ちとかが行場が無くなって怖くて泣いてた。

ここ数年ちょこちょこある。
何もかも嫌やなぁって思う時。
でもこれからも生きていかなアカンねや、しんどいなぁって思う時。

でも今日、会社で「いつも元気やね」って優しく笑って言ってくださって
プライベートで、心根が本当に本当に優しい友達に久しぶりに会って、私を見た瞬間に本当に嬉しそうな顔してくれて、近づいて抱きしめてくれて、ほっぺたむぎゅむぎゅしてくれて。

帰り道に、歩きながら泣いたの。
嬉しすぎて、胸がいっぱいになって泣いてた。

いいことも悪いことも、バランスとれてるんやと思う。
何やってもうまくいかない時期って、きっと誰にでも、そして場合によっては何回もあると思う。そういう時は、ずるずる闇に引き込まれそうになる。
でもきっと、バランス取れてるんやと思う。
そうじゃないかもしれないけれど、でもそうだと信じている。

Tomorrow is another day.
明日は今日の続きかもしれないけれど、
全く新しい自分になることもできるし、
思ってもみなかった素敵なことが起こる可能性だってある。

つらくてつらくて仕方が無くて、心がつらさでいっぱいの時に
少し、ほんのほんの少しでいいから、そう思える心のスキマがあるといいな、と思う。

もぐもぐ大魔王降臨だよ!!!

仕事でもなるべくごはんは訪れた場所の近くで食べるようにしている。日頃行かないところならなおさら。
事前にネットとかはチェックするけど、ほう、、、なるほど、、、常々行きたいと思っていた、東大阪の大盛り洋食を彷彿とさせる店が今日の目的地の近くにあるとな、、、

結論:普通に完食。
(写真参照)

生まれたばかりの頃からよく食べると評判で
(逆に兄があまり食べないタイプだったそうで、母が喜んで私に与えすぎて栄養士さんに注意を受けたとのこと)、あんたが大した病気もせんと元気なんは絶対食い力(くいりき)やわ、と母がよく言っていた。

唯一大きな病気と言えば小学校の頃に少し変わった肺炎にかかり、連日40度前後の熱が出ていたが食べっぷりが衰えないため入院を回避したし
中2の三者面談では先生の開口一番のセリフが「娘さんの食べっぷりは見てて本っっ当に気持ちがいいですね!!!」だったし
19~20才の頃にバイトしていた居酒屋では片付けをしながら宴会料理のコースを2人前はたいらげ、「もうまかないいらんやろ」と言われながら「何でですかいるに決まってるじゃないですか」とぺろりとたいらげたし。

加えて、忘れていたけれど最近母から聞いて思い出したエピソードがある。
高2の3学期の終業式の朝、4車線の国道の信号が無いところを「渋滞やから行けるやろ」と横切ったら4車線目が生きていて轢かれる、という迷惑極まりない事故を起こした事があるのだが(当たりどころがあと5cm上なら死んでましたよという例の事件)、病院で晩ごはんが出てきた。
前述のように頭も割と打っていたため、少し動かすとひどい目眩に襲われていたのである。
そんな様子を見ていた母が、「大丈夫か?食べれるか?」と聞いたところ、

「ううーん、、、、頭くらくらするけどちょっとだけ食べてみる~。。。。。」

パクっ

「どう?大丈夫?」
「ううーーーーんやっぱりくらくらするぅ~、、、、、けどもうちょっと食べてみるぅ~」

パクっ

「アカンくらくらするぅ~」
「やめとくか???」
「ううん、もう一口食べるぅ~」

結論:完食。

綺麗になった食器を見た瞬間、、
学校からの連絡で「命に別状が無いかどうかも分からないのです、頭を打ってらっしゃるようで」と連絡を受け本当に腰を抜かし、朦朧とした意識で兄に病院まで連れてきてもらった母の
怒りがピークに達したらしく

「なにお前は高2にも高3にもなって迷惑なことして車に轢かれとんねん!!!!!!!!!」

と大激怒されましたテヘペロっ
(運転手のお姉さん、本当にご迷惑をおかけしました)

さて、今次の訪問先に向かうまでの時間調整で住宅街の交差点の角でこれを書いているのだが、結構なタイプのお兄さんが車で横を通り中から手を振ってくれ、とりあえず笑顔を返したら1回りして戻ってきて「どっか行くん~♡」ってさ!仕事中なんです☆って返したら「そうなん~綺麗な人やなぁと思って~じゃあ~」って去って行かれたと思ったらまた戻ってきて「お昼ごはん、お昼ごはん食べへん?」って!くそう、大盛り食うんじゃなかったぜ!

けどお兄さん、綺麗やなぁと思ってるその女は、エンゲル係数高めですけどいいんですかね♡♡♡f:id:ponpoko55:20161122133425j:plain